ニコニコニュース

話題の記事

えふやんの活動初期エピソード、新機能「AIを活用したコメントフィルター」「部屋の統合」の発表など 『週刊ニコニコインフォ 第5号』レポート

 今のニコニコを伝える、今後のニコニコについてみんなで考える番組『週刊ニコニコインフォ』。

 5回目の放送では、司会に百花繚乱氏、運営から栗田穣崇氏、リモートゲストにえふやん氏が登場。
 話題の動画や生放送の紹介、ゲストのえふやん氏の旅動画&ゲーム実況動画のエピソード、新機能(「いいね!」へのお礼メッセージ設定)のリリース報告、不快なコメントを防止する「AIを活用したコメントフィルター」や「部屋の統合」などのアップデートの告知などについて、番組で取り上げました。

左から、司会の百花繚乱氏、リモートゲストのえふやん氏、ニコニコ代表の栗田穣崇氏

「いいね! 機能」のお礼メッセージの設定

 栗田氏は、以前の放送で告知した、ユーザーから送られた「いいね!」に対し投稿者がお礼メッセージを設定できる機能をリリースしたことを発表しました。

 栗田氏によると、実際に動画に「いいね!」をできるようになるのは「近々。そう遠くない未来」と語りました。

 また、今後の「週刊ニコニコインフォ」放送スケジュールが発表されました。
 8月9日(日)~19日(日)に開催される「ニコニコネット超会議2020夏」の前週と期間中は「週刊ニコニコインフォ」はお休みとなり、その代わりに「ネット超会議2020夏」の期間中は「超ニコニコインフォ夏」が毎日放送されます。

ニコニコで今話題の公式生放送&ユーザー投稿動画

 番組はニコニコで今盛り上がっているコンテンツを紹介する『あつまれ!ニコニコ盛り盛り』へと移ります。

 主にこの1週間で話題になった公式生放送としてピックアップされたのは、7月4日に放送された「稲川淳二のニコ生怪談ナイト」。
 怪談師の稲川淳二さんが2014年以来、6年ぶりに公式ニコ生に登場したことや、身の毛もよだつ怪談生披露があったと紹介されました。

稲川淳二のニコ生怪談ナイト MYSTERY NIGHT TOUR 2020 ~決起集怪(けっきしゅうかい)~」を番組中に紹介

 7月5日に放送された、「MASOCHISTIC ONO BAND&神谷浩史・小野大輔の無観客トークライブ」では、MOB(マゾヒスティック・オノ・バンド)に加えて、DGSから神谷浩史さん、小野大輔さんの出演もあって大きく盛り上がったことが紹介されました。

MASOCHISTIC ONO BAND&神谷浩史・小野大輔 「6.9」無観客トークライブ」を番組中に紹介

 紹介した公式生放送は以下の通りです。

・にじさんじ黛灰(まゆずみ・かい)と「ヒトラー ~最期の12日間~」 同時視聴(8月1日21時~)
https://live2.nicovideo.jp/watch/lv326926345

・【都知事選2020】開票特番~誰のための都知事選か~
https://live2.nicovideo.jp/watch/lv326770094

・【将棋】第5期叡王戦 七番勝負 第2局 永瀬拓矢叡王 vs 豊島将之竜王・名人
https://live2.nicovideo.jp/watch/lv326165409

・中村正人生出演 ドリカムの日特番
https://live2.nicovideo.jp/watch/lv326400474

・ニコニコネット超会議2020発表特番
https://live2.nicovideo.jp/watch/lv326636307

 続いて、ユーザー投稿動画の中で最近盛り上がったものをピックアップ! 今回は「MMD」「踊ってみた」「動物」「作ってみた」などを中心に紹介しました。

 「MMD」タグからピックアップされたのは、「【MMD】服をお披露目するときのターン【モーション配布】」。
 百花繚乱氏は「足元の水が波打っている様子でMMDの進化がわかる。レースの透け具合もすごい」とコメントしました。

【MMD】服をお披露目するときのターン【モーション配布】」を番組中に紹介

 さらにこのコーナーでは、「踊ってみた」タグから、女性5人組グループ「おでんガールズ」の動画が紹介されました。

【おでんガールズ】ロキ 踊ってみた【オリジナル振付】」を番組中に紹介

 他に紹介したユーザー動画は以下の通りです。

・【おでんガールズ】ベノム 踊ってみた【オリジナル振付】
https://www.nicovideo.jp/watch/sm37093142

・【歌ってみた】 かぐや様は告らせたい 2期 OP 「DADDY!DADDY!DO!feat.鈴木愛理/鈴木雅之」
https://www.nicovideo.jp/watch/sm36688938

・まるでライオンさん!ポン・デ・柴化した柴犬ももっぷが可愛すぎる
https://www.nicovideo.jp/watch/sm37017824

・「づぼらやのある景色」を閉じ込めたペーパークラフト
https://www.nicovideo.jp/watch/sm37113222

・【たくさんの人と】木星のビート踊ってみた【8人】
https://www.nicovideo.jp/watch/sm37153992

・【ニコニコ大合奏2020】グリーンライツ・セレナーデ 120人で 大合奏してみた。【2日目】
https://www.nicovideo.jp/watch/sm36696990

 また、Twitterに寄せられたファンアートの紹介もありました。

Twitterに寄せられた「ファンアート」を番組中に紹介

「旅行」タグより、えふやん氏がゲスト出演!

 今週のPICK UPタグは「旅行」ということで、リモートゲストには旅動画やゲーム実況動画を投稿しているえふやん氏が登場しました。

 えふやん氏は今年で活動9周年を迎える投稿者で、初投稿は2011年のマインクラフトのゲーム実況と言います。
 ニコニコを知ったきっかけについては、「ゲーム実況動画を友達に勧められて見るようになりました。2007年から知っていましたが、ちゃんと見るようになったのは2009年からです」と語りました。

 続けて、自身の活動について「2011年にマイクラを知って、このゲームはこれから流行ると思って実況動画をあげ始めました。パート1からいきなり再生数がガツンと予想外に上がって今に至るといった感じです」と答えました。

 えふやん氏の初期動画について栗田氏は、「当時、テレビみたいにキレイで凝った編集をしてる動画はあまりなかったですね」とコメント。
 百花繚乱氏が「編集スキルは独学?」と尋ねると、えふやん氏は「大学時代に編集の勉強はしていました。ドグマ風見さんの動画を見て、ゲーム実況でこんなに編集していいんだという衝撃を受けて編集を本格的に頑張ろうと思いました」と語りました。

【旅動画】ぼくらは新世界で旅をする Part:0【関東鍋編】」を番組中に紹介

 思い入れのある自身の動画については、「【旅動画】ぼくらは新世界で旅をする Part:0【関東鍋編】」を挙げました。

 旅動画について百花繚乱氏は「このメンバーってホント仲いいですよね」と切り出すと、えふやん氏は「ゲーム実況以前から旅動画作りたいと思っていました。でも友達がいなくてニコ生で募集したところ、30人くらいの応募があったので公開オーディションで3人を選びました」と説明しました。

 また、「なんでも計画してからやりたいタイプ」というえふやん氏に対して、栗田氏は「旅行しながらもいろいろ考えてるんですか?」と問いかけると、「脳内ディレクションしてます」「メンバーにも『1時間移動なんで1つくらい笑いが欲しいです』って言ってからカメラ回してます」ときちんと“撮れ高”の計算をしつつの旅をしていることを語りました。

 自身の動画以外で好きな動画は、幕末志士の「スーパーマリオ64(奴が来る)」と、火曜フルボイス劇場「ポートピア連続殺人事件」を挙げました。

 今の「旅行」カテゴリについて、えふやん氏は「当時は穴場だったので有効活用した方がいいんじゃないかなという思いがありました。今は仲間が増えてうれしいです」と語りました。

 最後に「ニコニコを今より楽しくするには?」の質問に対して、「見る人が増えてほしい。そしてコメントが増えて盛り上がってほしい。そのためには投稿者が増えないといけない。見るものがないから人がいなくなる」と述べ、続けて「今は商業的に活動をしてる投稿者も多いから、動画で生活できる場所を作ってあげればいいんじゃないか」「ユーザーがワンクリックで10円投げられるシステムとかあったら面白いんじゃないか」と述べました。

不快なコメントを防止する「AIを活用したコメントフィルター」機能、「部屋の統合」発表!

 続いてのコーナーは、「niconicoの未来に向かって、ユーザーのみなさんとフィーチャリングして、共に歩んでいこう!」という「niconico future feature」です。

 最初の話題は配信者とユーザーが一体感を得られる「ニコ生ゲーム」について。
 ニコ生ゲーム担当がリモートで登場し、現状に関して「話題がない一体感を生み出せないといった新米配信者の手助けになっているのではないか」と語りました。
 その流れで実際に視聴者とニコ生ゲーム「つりっくま」を行ったところ、多くの参加者の中から栗田氏が2位の成績を収めました。

 続いてニコ生ゲームの今後について、コンテンツ開発担当がリモートで登場。
 現在開発中のゲーム「ぶっこわしカーリング(仮)」「協力3Dダンジョン」とについて発表がありました。

 最後に栗田氏はニコニコが抱える3つの問題点「新規放送者の継続率が下がり気味」「新規視聴者の継続率が上がりにくい」「コメント投稿を行う割合が減っている」に触れ、リモートで登場した生放送責任者とともに新機能の告知がありました。

 1つ目は荒らしコメントを防止する「人工知能(AI)を活用した新機能コメントフィルター」の設置、2つ目は「運営NGワードの見直し」、3つ目はアリーナ最前列・立見席をなくす「部屋統合」という3つの機能を紹介しました。

(了)

番組インフォ

 今回の『週刊ニコニコインフォ 第5号』の視聴はコチラから。

 次回放送(7月21日)には「VOCALOID」から八王子P氏が出演予定! 『週刊ニコニコインフォ 第6号』の番組の予約はコチラから。

 番組ではユーザーのみなさんからも「取り上げて欲しいこと」を募集しています。
 Twitterで「#週刊ニコニコインフォ」のハッシュタグをつけて投稿してください。自身で投稿した動画についてはさらに「#参加」のハッシュタグもつけて投稿すると、番組で紹介されるかもしれません。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ゲーム実況者」の最新記事

新着ニュース一覧

アクセスランキング

Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=26FXUXikYiu1B8iXs6SM0yppt