中国紙・新京報は14日、コロナ禍の中国・武漢に残った日本人、嶋田孝治さん(72)のその後を中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で紹介した。
福岡出身の嶋田さんは10年前に中国に渡り、現在は同市にカレー店を2軒構えている。これまでもたびたび中国メディアに取り上げられてきた嶋田さんを新京報は「新型コロナウイルスの流行当時、日本政府の呼び掛けを断って武漢に残った人だ」と紹介。微博に上げられた約3分間の映像はスマートフォン越しに幼い子どもと「ニーハオ」「こんにちは」とあいさつを交わす嶋田さんの姿を映し出し、嶋田さんが先月上旬、店長を務める胡丹さんの実家を訪れた時のことを伝えている。
胡さんの実家は武漢市の江夏区法泗鎮にあり、感染が広がった時期に嶋田さんは緑豊かなその場所で100日余りを過ごしたそうだ。映像は久々に会う人たちに「この前はお世話になりました」とにこやかにお礼を言う姿や、慣れた手つきで水まきを始めたり、散策をしたりする様子を紹介。さらに30年余り勤めた会社を退職した後の2010年に嶋田さんが中国に渡ったことを説明した上で、「喜んで人助けをする嶋田さんは長い間、無料で日本語を教えてきた。近くの大学生からは尊敬の気持ちを込めて『嶋おじいさん』と呼ばれている」と伝えた。
映像には、「中国でずっと生活したい」という願いの前に立ちはだかるビザの問題で悩んでいた嶋田さんが「永久居留権の申請手続きが進んでいる」と聞いて喜びをあらわにする姿も映し出される。胡さんによると、嶋田さんは今後も中国のために何かしたい考えだそうだ。「いつの日か自分が旅立った後は長江に骨をまいてほしい。中国の大地の一部になりたい」とも話しているという。
映像には中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられており、「どれだけこの場所を愛しているかが見て取れる」との書き込みには多くの「いいね」が付いていた。(翻訳・編集/野谷



その他の写真
中国紙・新京報は14日、コロナ禍の中国・武漢に残った日本人、嶋田孝治さんのその後を中国版ツイッター・微博で紹介した。写真は、嶋田さんと武漢の大学生との記念写真(武漢の大学生提供)。