今回紹介したいのは、いっせいさんが投稿した『オリジナルビーダマンシステム作ってみた』という動画です。

投稿者メッセージ動画説明文より)

またまた3Dプリンタを使って、ビーダマンを作ってみました。 今回はトリガーサーバー、バレルに互換性を持たせています。 バトルの内容によって戦術を変えられる 「タクティカルシステム」 と呼んでいます。


 3Dプリンタオリジナルビーダマンを作ります。ビーダマンとは旧タカラ(現タカラトミー)が1993年に発売したビー玉を発射する玩具で、タカラトミーロングセラー商品です。

 ビーダマンにおいてカスタマイズは重要となります。バトルによって求められる性能が異なるため柔軟に戦術を切り替えられる必要があるためです。そこで今回はコアをベースに装備を換装できるようにします。具体的な箇所はトリガーサーバー、バレルです。

 固定機構を内蔵してワンタッチで交換可能にします。

 目指すビーダマンコンセプトは、状況に応じて戦術を変えられるシステム「タクティカルシステム」です。

 ベースとなるビーダマン「タクティカルフレーム」の3Dデザインができました。

 ホールドはスプリング式で大きなバネも装着可能です。

 バレルは爪でパチンと固定。

 トリガーサーバーの装着構造はレール式です。規格を合わせれば追加ユニットも作れます。

 腕を別パーツにすることで組み立ても簡単にすることができました。

 さらにヘッド、アーム、レッグパーツを追加で作成。ヘッドは3本角のワイバーンフェイスです。

 「タクティカルシステム」のビーダマンが完成!複数のトリガーサーバー、バレルといった追加装備を備えています。

 組み立て風景。3Dプリントされたパーツは結構な量ですね。

 完成したビーダマンでさっそく撃ってみます。まずは乱射。トリプルトリガー+Mt.サーバーの組み合わせです。

 勢いのある音がリズミカルに響き、「おお」「すげええ」「気持ちいい」といった声が上がります。

 スピードトリガー+アシンサーバーの組み合わせでは「カッコいい!」「これはすごい!」といった声が。

 スマッシュトリガーペットボトルマガジンのときには「草」というコメントが見え、視聴者も一緒に楽しんでいる雰囲気が伝わってきます。

 発射威力はおよそ14.5km/h。その威力や機能性に魅了され、「商品化しろ」「商品化可能レベル」「売ってくれ、まじで欲しい」と欲しい人が続出します。

 スピードトリガーになると普通に撃って16km/h、締め撃ちで20km/h出ることもあるとか。

 ビーダマンの機構の詳細な説明や撃って遊んでいる様子など、ぜひ動画でご覧ください。実際に撃っているところは見ているだけでも爽快な楽しさがあります。

視聴者コメント

・良いなこれ
・これを個人作成できる時代がくるとは
・楽しそうなのが伝わる
・〇〇システムとかそういうの……いいよね……
・本気でビーダマン好きなんだろうなぁってのが伝わってくる
・凄かった

▼動画はこちらから視聴できます

オリジナルビーダマンシステム作ってみた

―あわせて読みたい―

3Dプリンタでビーダマンを自作してみた! 本家に負けない高速連射に、狙いを定めるレーザーライトまで搭載したガチ性能に「市販できそうな完成度」の声

コップと“ビーダマン”でベートーヴェン『喜びの歌』を演奏! 次々とビー玉を当てる命中精度と衝撃のラスト(物理)で「シュール…しかし上手い」の声